2017-18年度 第8分区


ガバナー補佐就任挨拶

第8分区ガバナー補佐 藤井 正一 (鉾田 )

この度、国際ロータリー第2820地区・第8分区、2017~18年度のガバナー補佐を拝命しました、鉾田ロータリークラブの藤井正一で御座います。

 ロータリー歴は、23年と長いのですが、ロータリーにつきましては深く勉強もせず、平凡に過ごしていましたところに、青天の霹靂と言うか、突然ガバナー補佐の大役を受けることとなり、唯々 困惑をしているところで御座います。

しかしながら、お受けしてしまったからには、皆様のご支援・ご指導・ご協力を頂きまして、1年間務め上げていきたいと思っております。

 さて、今年度RI会長、イアンH.S.ライズリー氏のテーマは「ロータリー:変化をもたらす」です。これを受けて、保延輝文ガバナーは、「新しいことに情熱を持って、前を向いて挑戦していこう」と言う意味合いを持って、地区活動スローガンを「未来へチャレンジ」と掲げました。

 

 ガバナー補佐として、保延ガバナーの方針を鑑み、会員増強に努めたいと思います。 会員が増えることでクラブに活気が出ます。特に、若い会員の入会促進に取組み、各クラブ純増2名に情熱を持って挑戦したいと思います。活気が溢れる・夢のある・楽しい・魅力的なクラブには人が集まります。

これらの大きな目標を達成するために、各クラブ様と連携を密に図り、情報交換や、親睦・コミュニケーションを良く取ってチャレンジしていきたいと考えております。ご指導、ご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。





第8分区の主な予定


開催日 曜日 クラブ・ホスト名 内容 詳細 報告書
2017.07.26 潮来 公式訪問    報告
2017.08.01 鉾田 公式訪問    報告
2017.08.10 鹿島中央 公式訪問    報告
2017.09.28 波崎 公式訪問    報告
2017.10.13 鹿島臨海 公式訪問    報告
2017.12.01 玉造 公式訪問    報告
2018.02.25 第8分区IM  





ガバナー公式訪問報告

幹事 堀江清作(潮来RC)

日時:平成29年7月26日㈬ 午前10時20分
場所:富士屋ホテル例会場

 雨模様の中、7月26日、保延輝文ガバナ-と石井早苗地区副幹事、浅野栄子地区副幹事がお見えになり、続いて、藤井正一ガバナー補佐と山崎英策セクレタリ—が、お見えになり、10分間休憩後、原浩道潮来市長を表敬訪問致しましたが、市長が公務出張で不在の為、横田教育長を表敬訪問し、潮来市の観光、経済面の現況等を話し合いました。

 その後、昔、潮来は水運の港として栄え、女郎が多く活動して居り、病気で亡くなった遊女が無縁仏として埋葬された「遊女の墓」や,「あやめ園」会場を散策し、富士屋ホテルへ戻りました。

 富士屋ホテルの別室で、保延輝文ガバナー、石井早苗地区副幹事、浅野栄子地区副幹事、藤井正一ガバナー補佐と当会の役員とクラブ運営について協議致しました。

 その後、定刻となり、潮来ロータリークラブ会員全員で、保延輝文ガバナー一行を拍手でお迎えし、例会を開始致しました。

 12時30分点鐘、国歌斉唱、ロータリーソング唱和、ゲスト紹介、会長挨拶、ガバナー挨拶と続き、クラブ協議会となりました。

 クラブ協議会では、各委員長が、本年度の事業計画を発表し、ガバナーより指導を受けながら、終始和やかに進行致しました。

 保延輝文ガバナーより講評、藤井正一ガバナー補佐より感想を述べて頂き、休憩後、保延輝文ガバナーを囲んで記念撮影を致しました。

 続いて、懇親会に入り、保延輝文ガバナーを中心に和気合い合いとした和やかな懇親会でした。
以上でガバナー公式訪問報告と致します。





ガバナー公式訪問報告

幹事 山崎 英策(鉾田)

天候の不安定なか9時45分保延ガバナー、地区副幹事酒井賢郎氏、久保田吉文氏をお迎えして公式訪問が開催されました。

午前中は会場応接室で当クラブのガバナー補佐藤井正一氏を交えての公式訪問の進行方法や、クラブの運営方法、問題点また地区方針等意見交換をしました、その中で特に米山奨学生受け入れについて活発な話し合いを行い、ガバナーの長期的な展望に立つ支援と、あくまでも個々人の気持であるとの意見をいただき納得するとともに、なお一層クラブとしての寄付行為の理解を高めて協力を仰ぎたいと思いました。外は土砂降りの雨でしたが雨を忘れるぐらいの約2時間の話し合いでした。

午後からは、例会に参加いただき、またガバナーの卓話をいただきました、RC会長テーマ「ロータリー:変化をもたらす」についで丁寧な説明とともに、保延ガバナーのスローガン「未来へチャレンジ」について特に深く話され理解をだいぶ深めることが出来ました。会員増強については、当クラブの8分区ガバナー補佐、藤井正一氏が分区内で、多くの新入会員増を約束しております、益々頑張って少なくとも3名増を実現していこうと思います、また当クラブでは46年目にして女性会員が誕生しました、保延ガバナーにロータリーバッチの贈呈式をしていただきました、ありがとうございました。またロータリーの公共イメージ向上はすぐにでも高めるため活動していきたいと思います。

例会終了後のクラブ協議会では、各委員長の今年度の方針等発表があり又問題点等相談も出ましたが、ガバナーの適切なアドバイス等頂き、和やかな中厳粛に協議会を終了することが出来ました。懇親会にも参加をいただき楽しい実りの多い公式訪問たなりました。今回の保延ガバナーの公式訪問で特に感じたのは、各クラブの自主性を尊重した中でのアドバイスが多く、大変ありがたく指導を仰ぐことが出来ました、有難うございました。





ガバナー公式訪問報告

幹事 岡崎 孝(鹿島中央)

8月10日(木)クラブ例会場にて、保延輝文ガバナー・市ノ澤常男地区幹事・須賀田進作地区幹事、藤井正一ガバナー補佐・山崎芳男幹事をお迎えしました。

公式訪問に先立ち、8月とは思えない涼しい鹿島神宮の境内祈祷殿においてガバナー他、当クラブの理事以上で正式参拝を行い、宮司鹿島則良殿にも挨拶を頂きました。

ガバナーより、事前打合せに於いて丁寧なるご指導を賜りました。例会においては、ガバナー方針を各項目毎に丁寧に分かりやすく説明して頂きました。協議会においては会長方針にお褒めの言葉を頂き、各委員長の方針説明につきましても各コメントを頂きました。特に「ロータリアンは皆忙しい・時間厳守・スケジュール優先」との言葉に感銘を受けました。今後の運営・次年度にも活かして行きたいと思います。

懇親会では、終始和やかな雰囲気のなか会員との会話が弾み大変有意義な公式訪問でした。2日連続(高萩RC)のガバナー公式訪問、大変ありがとうございました。





ガバナー公式訪問報告

幹事 高橋佑至(波崎)

 9月28日㈭ 保延輝文ガバナーをお迎えして、波崎ロータリークラブの公式訪問が行われました。

 当日は天候不順の中を、RI2820地区保延輝文ガバナー、第8分区藤井正一ガバナー補佐、地区副幹事の菊池廣輝様、鈴木一彦様の御来訪を頂き、10時30分から懇談会を開催致しました。保延ガバナーは私共の事業や運営に関する説明に対し、丁寧に指導と激励の言葉を述べて頂きました。一方では遠隔地クラブの悩み等についても理解をして頂きました。

 9月に入会した新会員の入会式で、ガバナーよりジャケットの襟に、ロータリーバッジを附けて頂き励ましの言葉も述べて頂き、新会員も感激しておりました。

 例会開会までの時間に、地元産業の缶詰工場の製造工程を見学して頂きました。サバやイワシの缶詰の出来るまでを興味深くガバナーはご覧になっておりました。

 例会はプロジェクターを使っての卓話となり、画像事にコメントをつけて頂き、わかり易くRI会長の考え方を私達に示唆して下さいました。

 クラブ協議会においても、担当委員長からの説明に対して、丁寧なアドバイスをして下さいました。そして、お褒めの言葉等も沢山頂戴して、私共のような少数クラブにはとても励みになりました。





ガバナー公式訪問報告

幹事 石津広行(鹿島臨海)

 10月13日㈮ 9時、少し早めに当クラブ例会場のホテルに向かった。ロビーのティーラウンジにはすでに藤井第8分区ガバナー補佐が到着されていた。早々にご挨拶を交わし、二人で談笑していると、当クラブの役員も次々に集合した。そして9時45分、保延ガバナーが到着され、ロビーにてお迎えした。本日の公式訪問スケジュールを打合せした後、10時30分ホテルを出発し、神栖中央公園防災アリーナに向かった。ここでは、当クラブの社会奉仕事業の一つ、大島桜の植樹状況を見学していただいた。雨天のため早々にホテルに戻り、協議会に入った。

 藤井ガバナー補佐より、保延ガバナーのロータリーに対する熱心さ、知識の豊富さ等のご紹介をいただいた。そして質問や困ったこと等話して下さいとのことでした。当クラブよりガバナーをという要望が一番困っていますとお話させていただいた。ちょうど10年前、やはり私の幹事時代、そのようなお話が有り、当クラブパスト会長会等を開いて検討し、お断りした経過をお話しした。藤井ガバナー補佐は保延ガバナーと共に、再度検討してほしいとのことであった。

 ガバナーは当クラブの現況を詳細に把握され、当クラブの歴史、会員、姉妹クラブ、社会奉仕や国際奉仕について所見を述べられ、我々もそれにお答えした。特に当クラブの予算計画については、その的確な指摘に感心させられた。又、当クラブ会員が芝染太郎さんと交流があった事などもご存知であった。

 12時30分からの例会では、プロジェクターにて、本年度テーマ等を丁寧にご説明された。最優先事項や重点分野について、全会員が十分理解できたと感じた。

 例会後、ガバナーを囲んでにこやかに記念写真を撮影した。

 13時45分よりクラブ協議会。各委員会委員長の本年度事業計画について一つ一つ理解しやすく、丁寧なご指導をいただいた。

 15時30分、懇親会を開催。ガバナーは全会員と親しくお話しされ、写真撮影も気軽にされ、なごやかな雰囲気の中でしばし過ごされた。

 午前中からのスケジュールを積極的にこなされ、最後までおだやかに、丁寧にご指導、ご助言をいただいた。ありがとうございました。お体を大切に、益々のご活躍をお祈り致します。





上半期を振り返って

第8分区ガバナー補佐 藤井 正一 (鉾田 )

 早いものでガバナー補佐となり半年がたちました。不安で一杯のスタートでありましたが、手探りの中、各種の研修会やセミナーなどに参加し、多くの学びや知識を得たこともさることながら、大勢の皆さんとの出会いがありました事は、私にとって大変大きな収穫でした。

保延ガバナーは当初「ガバナーとガバナー補佐は一心同体である。ガバナー補佐の皆さんは、各分区に戻られたら、ガバナーになったつもりで活動して欲しい。」と話されましたので、とても厳しいガバナーであり、私に勤まるものかと心配しておりました。

しかし、何度も保延ガバナーにお会いするなかで率直な考え方や、懇切丁寧な説得力あるご指導を受け、人間味溢れる人柄に触れた時に、これなら意思の疎通も図れ、ガバナー補佐としての努めを果たせると思いました。

ガバナー補佐会議の時に米山奨学生について、保延ガバナーと意見を交した時のことです。

私達の意見として「奨学生の応募や選定の仕方が偏っているように思われる。日本に良い感情を持っていない学生が多い。一生懸命お世話しても国へ帰ってしまうと音信不通になってしまう。学生の感謝の気持ちが希薄である。奨学生になる前のオリエンテーションの時に奨学生としての気構え、あり方に対して指導不足ではないか。」という事を保延ガバナーにぶつけました。

この意見に対して、保延ガバナーは「皆さんの話はよく分かりました。しかし奨学生さんに早急な見返りを求めないでください。彼らはとても優秀な学生さんです。将来30年、50年たった頃には、国を動かすポジションに着くはずです。その時になって日本と母国の架け橋なってくれたらそれで良いではないでしょうか。超我の奉仕とは、拙速の成果や見返りを求めない事です」と丁寧に説明してくださり、私達も納得しました。

8分区に帰り、この事について説明して回ると会員の皆さんも納得し,これまで以上に前向きになりました。

さて、第8分区の現況は6クラブあり、会員数は156名です。各クラブの皆さんはロータリーの精神・基本方針をしっかりと守り、一生懸命クラブ運営・奉仕活動に取り組んでおります。しかし、何処のクラブでも同じかもしれませんが、高齢化が進み、クラブの存続に対して危機感を感じています。そこで私は、まずは行動しなくては始まらないと思い、会員増強一点集中で皆さんにお願いしています。そのせいか会員の皆さんも、会員増強をしなくてはと言う気運が高まりつつあります。これからも活力のある、楽しい、夢の持てるロータリークラブを目指したいと思います。





ガバナー公式訪問報告

幹事 阿部 剛(玉造)

 年の瀬も押し迫って参りました12月1日、2820地区保延輝文ガバナーをお迎えしての「公式訪問」です。ガバナーの保延様、地区副幹事の友水様・高橋様、ガバナー補佐の藤井様、セクレタリーの真家様を、毎年恒例の霞ヶ浦ふれあいランドの中の情報館でお迎え致しました。30周年記念事業で行方市に寄贈しました水槽(展示、魚の管理、清掃)の観察、虹の搭から行方市・霞ヶ浦を遠望、40周年記念事業の高須崎公園の時計塔、国道添いの啓発看板を見て頂きました。

 ガバナー、ガバナー補佐、会長、幹事での協議会では、今後のクラブの運営について、高年齢クラブをどう打破するか、会員増強をどうすれば良いか、分区全体の難問題である等話し合い、玉造RCは高年齢少人数クラブにも関らず奉仕活動が充実しているとのお褒めの言葉を戴きました。

 午後12時30分より例会。点鐘、会食、会長挨拶、幹事報告、委員会報告の後、保延ガバナーより卓話を頂きました。卓話ではRI会長の「ロータリー:変化をもたらす」保延ガバナーの「未来へチャレンジ」を映像によりわかりやすくご説明を頂きました。

 例会後記念撮影、会場を移しクラブ協議会、各委員会から今年度の方針、事業内容報告を行い、保延ガバナーから適切な御指導を頂きました。また藤井ガバナー補佐からも感想を頂きました。

 4時30分より懇親会、全員の自己紹介などを行い終始和やかな雰囲気で「公式訪問」を終わる事が出来ました。保延ガバナーをはじめ公式訪問にお越し頂きました皆様、長時間にわたり有難う御座いました。御身体にご留意されまして益々の御活躍をお祈りしております。