2017-18年度 青少年奉仕委員会


青少年奉仕総括委員長

国際ロータリー第2820地区 青少年奉仕総括委員長 稲本修一 (土浦南)
youth-inamoto

 本年度のRI会長ののテーマは、「ロータリー:変化をもたらす」です。青少年奉仕も昨年を踏襲するのではなく、変化を恐れず常にチャレンジすることが求められています。

 インターアクト委員会では、新たな国際理解のプログラムを計画しています。ローターアクト委員会は、初めての全国研修会を主催します。全国から800名位の参加を見込んでいます。青少年並びにライラ委員会は2泊3日で若者に魅力あるリーダーシップを学んでいただきます。青少年交換委員会は、アウトバウンド派遣のための選考、インバウンドの受け入れの態勢作りと彼らのケア、短期交換の選考・派遣と受け入れ、と1年を通して忙しい委員会です。本年も小委員会の枠を超えてオール青少年奉仕で1年を乗り切りたいと願っています。





青少年奉仕委員会の主な予定


ロータリー青少年指導者育成プログラム

ロータリー青少年指導者育成プログラムのご案内
日時:2017年10月7日(土)14:30~10月9日(月・祝)16:30
場所:茨城県立児童センター こどもの城
詳細は下記のちらしをご覧ください。
・ライラちらし(PDF)
・ライラ申し込みちらし(表)(PDF)
・ライラ申し込みちらし(裏)(PDF)

青少年奉仕委員会の活動記録


日時内容
2017年7月15日(土) 青少年奉仕研究会
場 所:三の丸ホテル 〒310-0011 水戸市三の丸2-1-1 電話 029-221-3011
     10:00 登録・受付開始 10:30 開会 15:30 閉会
     
2017年6月17日午後1時
笠間稲荷神社にて笠間市国際交流協会主催の国際フォーラムが行われ、インバウンド生3名が振袖体験をしました。
振袖体験
   





青少年奉仕委員会 インターアクト委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 青少年奉仕委員会 インターアクト委員長 中野智一 (水戸西)
youth-nakano

地区の委員を3年経験しまして、2017-2018年度委員長を務めさせていただくことになりました。私にとって青少年活動にかかわる事はとっても楽しい時間になっています。インターアクトの活動を行っている年齢は12歳~18歳までで、2820地区には5つのクラブがあります。 5つのクラブとも学校が母体のクラブで、各学校独自の活動及び地区ロータリーの活動を行っており、 今年の地区の活動は 沖縄研修、年次大会、米山奨学生との交流を企画しております。

7月30日からの沖縄研修では、異文化体験、戦争歴史勉強、沖縄のインターアクターとの交流を行い、貴重な体験学習になるはずです。

8月20日には、水城高等学校がホスト校になり年次大会が開催されます、提唱の水戸ロータリークラブの協力のもと、若いインターアクターの企画がいかなるものか、お顔を見せに来てください。 そして、9月にはインターアクターの国際交流として米山奨学生とのバーベキューの企画進めております、ロータリーファミリーの横のつながりを広げる一つとして考えており楽しく広がりを持てるよう進めていきたいです。

インターアクターはロータリアンと志を同じとする最も若い仲間だと思います、彼らの健全なる成長のために興味を持っていただきまして、ぜひとも地区の青少年活動に参加の程お願いいたします。





青少年奉仕委員会 青少年並びにライラ委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 青少年奉仕 青少年並びにライラ委員長 戸谷聰子(つくばシティ)
youth-toya

地区委員の委嘱状をいただき長くライラセミナーに係るようになり、友人も出来ました。特にうれしいのは、地区委員から外れても「ライラセミナーの時はお手伝いに行きますよ」と言ってくださるロータリアンがいらっしゃることです。

手続要覧のうしろ表紙に4つのテストが書かれてあり、3)好意と友情を深めるかと問われた時、ロータリーの友情は素晴らしいと思っています。時には自分をふり返ってみる機会もいただきますが、皆で力を合わせながら次年度への反省をもとに事業を計画し、実施しております。今年度も大洗町の「こどもの城」で実施いたしますのでどうぞよろしくお願い致します。





青少年奉仕委員会 ローターアクト委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区青少年奉仕ローターアクト委員長 内藤 学(水戸)
youth-yumino

当地区は現在8クラブに約50名のローターアクトが在籍しています。全国平均よりかなり少ないのが現状です。

今年度は『第30回全国ローターアクト研修会』が初めて開催されます。テーマは「SAIKAi」。時期は2018年3月17日・18日、場所は水戸の県民文化センターとホテルレイクビュー、来場予測人数は約800名です。しかし全国のお客様を対応するにはメンバーの数が不足しています。どうか提唱クラブ・近隣クラブの皆さんには18~30歳の若手社員、ご子弟、お知り合いのご紹介を。未提唱クラブの皆さんには当日彼らの姿を是非ごらんいただきたいのです。

我々の会員増強が叫ばれる今日、将来のロータリアン候補である彼らを育てる重要性と、日々成長していく彼らの姿を感じていただければ幸いです。皆さんのご理解とご協力を切にお願い申し上げます。





青少年奉仕委員会 青少年交換委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 青少年交換委員長 川上 美智子(水戸好文)
youth-sukikuwa

「国際社会で活躍できる人材育成―青少年交換」

 国際社会のコミュニケーションツールである語学に自信がもてない日本人、私自身も国際学会等の発表で苦労をしてきた一人です。それを克服するには、幼少期からの早期語学体験が重要であることが実証され、平成30年の新学習指導要領から英語教育が大きく変わろうとしています。高校生を対象とする青少年交換プログラムは、この国際力を高める上で大変意義深いもので、RIが最も力を入れている事業です。

今年度も長期交換のアウトバウンド、インバウンドは3名枠で、アメリカ、フランス、タイの3国と1年間の交換留学を行います。短期交換のアウトバウンド、インバウンドはタイ国のみに限られますが、5名の方々が8日間の異文化・交流体験をします。帰国生の晴れやかで逞しい姿を見ると、日本の外に出てはじめて見える景色が、日本や世界を理解する国際人としての芽を育ててくれることを実感させられます。本プログラム、送り出しクラブ、受け入れクラブの強力なサポート無くして達成できるものでありません。今年度もどうぞ宜しくお願い致します。





青少年奉仕委員会 青少年奉仕支援アドバイザー

国際ロータリー第2820地区 青少年奉仕支援アドバイザー 清水 清(日立)
youth-sukikuwa

保延ガバナー年度も引き続き青少年奉仕支援アドバイザーを担当することになりました。

 青少年の健全なる育成は黎明期のロータリアンより受け継がれ、最重要課題として今日、多くのロータリアンに理解され様々な奉仕活動として取り組まれております。その目的は、若者たちが高い道徳観を持った大人になることが極めて重要であること、将来社会に役立つ指導力豊かな青少年に育つことにあります。国際ロータリーの歴史においても、1920年にアトランティックシティ大会で青少年活動を含めるためのロータリー細則改正が決定され、全国青少年活動委員会が設立されました。青少年活動がロータリアンに魅力的であった理由は、青少年を良き市民、立派な職業人に育てる、すべての青少年に潜在能力を引き出す機会を与える、そして職業訓練を奨励するという目標が、ロータリアン自身の信念と一致していたからであります。

 

 各クラブにおいて何か青少年の健全育成を目的とした奉仕活動に取り組まれますことを願っております。本年度は、2820地区ローターアクトが全国ローターアクト研修会を水戸市で2018年3月17-18日に主催いたします。ロータリアンの皆様にも多数ご参加いただき彼らの熱意と成長振りに触れていただき度お勧めいたします。