2018-19年度 クラブ奉仕委員会

クラブ奉仕総括委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 クラブ奉仕総括委員長 井澤 卓(水戸南)
国際ロータリー第2820地区 クラブ奉仕総括委員長

会員増強月間によせて

会員増強はロータリー運動の目的ではなく、あくまで成果です。会員増強を簡潔に表現すれば、仲間(友達)を増やすことです。「奉仕の理想」の旗のもと、ロータリーの諸活動に積極的に参加する仲間を増やすことです。ロータリー入会に際し、綱領や理念に賛同して加入する人は皆無です。勧誘した会員の人物人柄、クラブの雰囲気、イメージやブランド力、例会のプログラム、負担すべき費用や時間等が重要な判断基準です。即ち魅力的なロータリークラブか否かが鍵で、クラブに魅力が無いと人は集まりません。

高橋賢吾ガバナーの地区スローガンは「ロータリーの心と力を地域社会へ」です。各クラブが地域のニーズを反映した将来像を描き、効果的な戦略計画を立案実施するよう要請しています。そしてクラブの活性化・強化を図るため、ロータリー賞を受賞可能なクラブを増やすことを地区目標に掲げました。

2016年規定審議会で、多様性を尊重しクラブ運営に大幅な柔軟性が認められました。クラブ細則の修正により例会の頻度、形式や出席に関して変更が可能となりました。地区クラブ奉仕委員会は、クラブ運営のサポートを始め、会員減少や高齢化等、クラブの抱える諸課題や悩み事の相談にも、正面から取り組む所存です。





クラブ奉仕委員会の主な予定


7月16日(祝月)クラブ奉仕研究会/水戸三の丸ホテル
場 所:水戸三の丸ホテル 水戸市三の丸2-1-1
電話:029-221-3011
開催案内:(Wordファイル)(PDFファイル)
 





会員増強委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 会員増強委員長 村田 文彦(北茨城)
国際ロータリー第2820地区 会員増強委員長

2018-2019年度 クラブ奉仕委員会 会員増強委員長を拝命致しました北茨城ロータリークラブより出向させて頂きます村田文彦です。宜しくお願い致します。

皆様、『会員増強』はなぜ、必要なのですか?
『地区の会員増強目標』を達成する為にどのような行動計画を立てますか?

例えば、「PDCAサイクル」の手法で「計画を立て、実行し、計画の進捗状況の検証し、改めて行動する。」の作成をする。また、会員同志がその情報の「共有化、見える化」をすること等、これらを基に会長・幹事、そして全会員が一丸となって、本気になって『会員増強運動』を展開して頂ければ幸いです。

また、ロータリーの奉仕活動に対して会員全員が改めて「自信と誇り」の「心」を持ち、いつも「明るく・楽しく・前向きに」行動することも大事です。

クラブの将来のために多くの同志を募り共に奉仕活動することにより、クラブの更なる発展の原動力が『会員増強』であることを我々が信じて行動を起こすことも大切だと思います。

皆様のこれからのご活躍をご祈念申し上げます。





クラブサポート委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 クラブサポート委員長 長野 久嗣(水戸)
国際ロータリー第2820地区 クラブサポート委員長

クラブサポート委員長を排命いたしました、長野久嗣と申します。宜しくお願い申し上げます。

本年度、高橋ガバナーの「地区はよりクラブに寄り添うべきだという」思いに基づき、当委員会はロータリー情報委員会からクラブサポート委員会と名称が変更されました。

 

昨年度は各クラブに中期戦略計画策定のお願い、各クラブの3年以下の会員に対するロータリー情報の教育等を行いました。本年度は以下の事を目標に委員会を運営してまいります。

  • クラブ戦略計画(中期計画)によるクラブの強化、活性化をサポート。
       →特に中期計画3年目を迎えるクラブの次の計画に対してのサポート
  • クラブ戦略計画(中期計画)未制定のクラブに対するサポート。
  • 卓話などによるクラブへのロータリー情報の提供。
  • 地区戦略計画への関与。
  • RLI(Rotary Leadership Institute)への協力
 

微力ながら頑張りますので、宜しくお願いいたします。





公共イメージ委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 公共イメージ委員長 大髙 司郎(高萩)
国際ロータリー第2820地区 公共イメージ委員長

地区公共イメージ委員長を拝命いたしました大髙司郎です。

今年度のバリー・ラシンRI会長の優先項目と、髙橋賢吾ガバナーの地区目標に「公共イメージと認知度の向上」を掲げておられます。委員会としては、この意向を受け従来のマスメディアを利用した広報活動に加えソーシャルメディアを最大限に活用し、ロータリーの活動に対する人びとの理解を深めるためにメッセージを発信しなければなりません。

「ロータリーデー」「ポリオデー」の開催等、元気なクラブの活発な奉仕活動を広く地域社会に発信し、ロータリーのブランドイメージを向上させ、地域社会の評価を高め、それがクラブを更に元気にする、そんな好循環活動を目指しましょう。

■主な活動計画

  1. SNSの積極的活用。
  2. ポリオ撲滅をロータリーブランドに。
  3. My ROTARYの活用推進とロータリー賞のチャレンジ。

皆様のご理解とご協力、ご支援をお願い致します。





IT委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 IT委員長 野村 貴広(水戸西)
国際ロータリー第2820地区 IT委員長

IT委員長を仰せつかりました、水戸西RCの野村貴広と申します。よろしくお願い致します。

石山央委員(水戸西)、佐藤広道委員(東海那珂)、石井秀明委員(東海那珂)と力を併せて頑張って参ります。また、藤居年度よりホームページの更新等をお願いしている日立の大森様にも、引き続きお世話になります。

月信1号にも原稿を掲載して頂きましたので詳細は割愛しますが、ただいま本委員会は、2820地区ホームページの刷新に取り組んでおります。

地区ホームページに関するご意見や掲載したい情報などございましたら、是非お寄せください。

今年度のロータリー目標の1つである「公共イメージと認知度の向上」を実現するために頑張って参りますので、皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。