2019-20年度奉仕プロジェクト

奉仕プロジェクト担当カウンセラーメッセージ

国際ロータリー第2820地区 奉仕プロジェクト担当カウンセラー 倉沢 修市(竜ヶ崎)
奉仕プロジェクト担当カウンセラー

 ロータリーの変えてはいけない「不易」は『ロータリーのSERVICEの理念』即ち〔他人の事を思いやり 他人のために尽くす〕です。 ロータリーの変えなければいけない「流行」は、国際ロータリー(RI)、地区、クラブの管理運営即ちSERVICEの実践活動です。

 「陰徳の美」から、「陽徳の団体」へ時代に即応した活動を実践してください。

 2018-19年度に地区の組織が、「職業奉仕委員会」「社会奉仕委員会「国際奉仕委員会」が一つとなり「奉仕プロジェクト委員会」となりました。「クラブ負担の軽減と地区運営の効率化」を図ることを目的としています。

 RI会長の年次メッセージはロータリーのプログラム遂行上、最大の重要性を持つものです。ガバナーがRI会長のプログラムもしくはテーマを取り上げ、あらゆる適切な方法によって強調することは、その役職と切離することのできない任務であります。ガバナーの掲げる地区目標は、RI会長のプログラムまたはテーマに関連させ、これを強調するようなものでなければなりません。RIテーマは、使用すべき唯一のテーマであります。

 2019-20年度のマーク・ダニエル・マローニーRI会長テーマ並びにロータリーの目標テーマ「ロータリーは世界をつなぐ」。優先項目。

 中村ガバナーの地区スローガン「人、学びて更なる奉仕」、地区目標をご理解下さいまして素晴らしい思い出に残る最良の年となりますことをお祈りいたします。





奉仕プロジェクト総括委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 奉仕プロジェクト総括委員長 中村康博(牛久)
国際ロータリー第2820地区 奉仕プロジェクト総括委員長

 昨年度、当時の髙橋ガバナーが肝いりで組織改革をされ、五大奉仕から、職業、社会、国際のそれぞれ独自の奉仕活動を総括する意味で組織されたのが、奉仕プロジェクト委員会です。その主旨を、本年度の中村澄夫ガバナーも引き継がれ、私としても、前任の郡司総括の主旨をさらに発展させていただきたく、お引き受けしました。

 ご存知のごとく、110年以上も継続している組織ですから、周りの環境は更に複雑になり会員数の増減、海外地域の複雑さが更に絡まり、新しい組織改革も必要だとおもいます。但し、本来の存在意義の精神にかかわる事はまた別だと考えていますので、その点で、本年度の奉仕プロジェクト委員会を進めさせて頂きたく思っています。

 各クラブでの継続プロジェクトへのマンネリ化は無いか?貴重なお金だけの参加になってないか?自分自身にもう一度、問いかけていただきたいと思います。私も更にロータリーを学び、更なる奉仕ができるように頑張りますので、宜しくお願いします。





奉仕プロジェクト委員会の主な予定


7月28日(日)奉仕プロジェクト研究会

7月28日開催の奉仕プロジェクト研究会にて、職業奉仕委員会より発表されたパワーポイント資料を掲載いたします。
下記のリンクよりダウンロードしてご利用ください。
職業奉仕委員会パワーポイント資料

 




  

職業奉仕委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 職業奉仕委員長 木村 薫(水戸東)
国際ロータリー第2820地区 職業奉仕委員長

 2019-20年度の職業奉仕委員長を仰せつかりました水戸東RCの木村薫です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 さて、職業奉仕につきましては、何かと哲学的で難しいと言われます。しかしながら、何も難しく考えることはないのです。ロータリアンは、仕事を通して世の中のために奉仕活動をしているのです。今年度のRI会長の言葉に、地域社会とつながり、職業のネットワークを広げるとあります。自分の仕事に誇りを持って、地域社会のために活動していただきたいと思います。

 地区研修・協議会において、私は次のことを各クラブの職業奉仕委員長にお伝えしました。

  1. 職業奉仕はロータリーそのものである
  2. 例会を通して、奉仕の心を育む
  3. 高潔性をもって、天職により人の為世の為につくす

 ロータリアンの方々には、職業奉仕の歴史を認識して奉仕活動を推進していただきたいと思います。今年一年、微力ながら一所懸命に責務を果たしてまいりたいと存じますので、皆様のご指導・ご協力をお願い申し上げます。





社会奉仕委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 社会奉仕委員長 佐川真治(水戸東)
国際ロータリー第2820地区 社会奉仕委員長

 2019-20年度社会奉仕員会として

  • クラブ奉仕プロジェクトをクラブ現況報告書より抽出し、2018-19年度第2820地区奉仕活動一覧の作成
  • 特に優秀なクラブ奉仕プロジェクトの紹介
  • ロータリー財団と協働で地区補助金申請事業の受付、精査及び紹介

 以上3 点を活動目標といたします。

 地区内全ての奉仕プロジェクトを調査し可視化する事により、クラブ奉仕活動を地区内に広報し、また、他クラブ奉仕活動を参考にして頂くための資料にして頂きたいと考えます。既に地区研修・協議会で一昨年のクラブ事業一覧はUSBメモリで配布をいたしました。今年度より新たにロータリー財団と協働し、地区補助金活用事業の受付、精査も行います。精査した内容を他クラブがどの様なスタイルで地区補助金を活用しているのか、皆様のクラブの奉仕事業への参考にして頂ける資料を作成します。またその過程で他のクラブの範となる事業を選出し、各クラブへ発信していきたいと考えます。地区役員、クラブ会長、全てのロータリアン皆様のご指導を頂戴しながら、社会奉仕委員会活動を進めてまいります所存ですので、ご協力の程、お願いいたします。





国際奉仕委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 国際奉仕委員長 鶴田一郎(土浦)
国際ロータリー第2820地区 国際奉仕委員長

 ロータリークラブは「クラブ」と名がついている通り、ロータリーメンバーとクラブが基本です。地区国際奉仕委員会は、各クラブやクラブメンバーの国際奉仕に関わる活動をサポート、お手伝いすることが活動目標と考えています。その為、活動に役立つ情報の提供や基本的な情報が地区内全クラブで共有出来る様にする事も目標です。新規活動の着手や継続事業のご相談等をお待ちしています。国際奉仕活動・親睦活動をご一緒に考えたいと思います。

  1. 「WCSこの指とまれ」石井委員担当です。
  2. 「グローバルグラント事業・財団委員会との 事業」柴山委員担当です。
  3. 「国際親善奨学金事業」大津委員担当です。
  4. 「国際交流事業・タイ、フィリピン友好地区 交流事業」石川委員、厚見委員、染谷委員、渡辺委員、担当です。
  5. 「研修・相談・地区大会等事業」全員
  6. 「その他、連絡等」鶴田