2020-21年度 ロータリー財団

ロータリー財団総括委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 ロータリー財団担当カウンセラー・総括委員長 保延 輝文(石岡)
国際ロータリー第2820地区 ロータリー財団総括委員長

昨年より中国で発症したCOVID-19の感染拡大は、日本だけでなく世界の社会、経済活動に甚大な影響をもたらしております。ロータリーの活動も、中止あるいは延期となるなど各クラブの運営も停滞を余儀なくされております。しかしこの様な状況下でも第2820地区は奉仕活動の一環として、茨城県に5月中旬フェイスシールドを9600セット寄贈し、医療従事者への支援を行いました。

今年度、池田正純ガバナーは主たる方針の一つとして地球環境問題に焦点を当てられ、環境問題に真摯に取り組んでおられるクラブへの地区補助金の増額をご指示されました。

環境問題は現在待ったなしの状況であり、実に的を射たご指摘だと思います。

地区補助金につきましては、(今年度例会の長期休会、及び行事の中止により補助金事業をやむなく断念せざる終えないクラブも散見されました)奉仕事業を行えなかったクラブに参加して頂き、中村年度と池田年度の地区補助金の余剰金を活用し、医療従事者への医療用手袋を茨城県へ寄贈する予定です。

グローバル補助金は、世界目標として今年度年次基金1億3500万ドル、ポリオプラス基金1億5000万ドルとしております。それに沿うべく地区財団目標は、年次寄付7年連続「ゼロクラブゼロ」に、年次寄付、ポリオで150ドルと致しました。

地区財団としては、各クラブへの円滑なご支援ができるように社会奉仕委員会、国際奉仕委員会と連絡を密にとり、三位一体の体制で臨む所存です。

補助金を活用した事業については、「ただ金銭的な奉仕活動ではなく、心から他を思いやる心が必要である」との想いを日々強く感じております。今年一年間、ロータリー財団関係各委員の皆様どうぞよろしく御願い致します。





ロータリー財団委員会の主な予定


7月18日(土)ロータリー財団研究会 於:東雲





ロータリー財団 ポリオ・プラス委員長

国際ロータリー第2820地区 ロータリー財団 ポリオ・プラス委員長 鈴木 武士(つくばシティ)
国際ロータリー第2820地区 ロータリー財団 ポリオ・プラス委員長

 

 

 

 

 





ロータリー財団 資金管理委員長

国際ロータリー第2820地区 ロータリー財団 資金管理委員長 髙橋 信子(土浦南)
国際ロータリー第2820地区 ロータリー財団 資金管理委員長

 

 

 





ロータリー財団 資金推進委員長

国際ロータリー第2820地区 ロータリー財団 資金推進 五十嵐 久也(水戸東)
国際ロータリー第2820地区 ロータリー財団 資金推進委員長

 

 

 

 





ロータリー財団 補助金委員長

国際ロータリー第2820地区ロータリー財団 補助金委員長 宇留野 秀一(水戸南)
国際ロータリー第2820地区ロータリー財団 補助金委員長