2020-21年度 第8分区

ガバナー補佐就任挨拶

第8分区ガバナー補佐 佐藤 敏近(鹿島中央)

池田正純年度、第8分区ガバナー補佐を務めます、 鹿島中央RCの佐藤敏近です。

Covid-19の動静を横目で見ながらの1年間、よろしくお付き合いの程お願い申し上げます。 Holger Knaack R.I.会長のテ ーマ「ロータリーは機会の扉を開く」それを受けて第2820地区の池田正純ガバナーは、「ロータリアンのイノベーション・磨こう人間力!」とスローガンを掲げられています。 このお二方の意向を受け、 第8分区は、「未体験に挑戦するロータリアン」を目標にしたいと考えています。 具体的には、 次の3点について、 ロータリアンの皆様に挑戦してもらいたいのです。

  1. My Rotary のアカウントの取得
  2. クラプイベントのクラブ間交流
  3. IMの一般公開

1.については、
昨年の手続要覧の改訂にあたっての規定審議会の動きを見ていて特に感じたことです。 座していても「過去のロータリー活動」は変化していく事実→R Iが推奨するクラブ定款を不採用にする場合、クラブ細則にその旨を盛り込まなければならなくなりました。 変化を先取りするためにも、アカウントを取得し、改めてR Iを見直してほしい。 また、 クラブ・セントラルを活用し、クラブ目標の可視化を図ってほしいと考えています。
ご自分のプロフィ ール公開され、 見えるようになるのは、楽しいと思いませんか?

2.については、
8分区内のクラブの現状は、 総員で144名、最大のクラブは49名、最少のクラブは8名で構成されています。 人数が少なくなると、 表立って行動することはもとより企画することすら至難になるでしょう。 このような時に、6クラブゴルフコンペ同様に自クラブの奉仕プロジェクトに気軽に誘うようなことが出来れば、ロータリアンとして活性化すると考えるのですが、いかがですか?

3.は、次のようなことを考えています。
IMの一部を一般の市民に公開することはできないか、と考えています。 地域の催しものなどで旗や看板を掲げるだけでなく、IMで行われる事業報告や実演を通して、ロータリー活動の実態を見てもらう広報活動はいかがでしょうか?END-Polio NowやCovid-19対策への奉仕活動も効果的になると考えています。

具体策については、 年度初めの分区内会長・幹事会でご意見を賜りたいと存じます。
Go!サインがでたその節は、 皆様のご支援・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。





第8分区の主な予定


開催日 曜日 クラブ・ホスト名 内容 報告書
2020.08.09 鹿島臨海 公式訪問 
2020.08.26 潮来 公式訪問 
2020.08.27 波崎 公式訪問 
2020.09.03 鹿島中央 公式訪問 
2020.09.11 玉造 公式訪問 
2020.10.27 鉾田 公式訪問 
2021.01.31 第8分区IM